バレーボールチャレンジリーグ男子1部の大分三好ヴァイセアドラーは28日、川崎市とどろきアリーナで富士通カワサキレッドスピリッツと対戦し、1―3で敗れた。大分三好は開幕戦(昨年11月)以来の黒星で、再び富士通に負けた。通算成績は11勝2敗(32点)。順位は首位のまま。

 大分三好は2月4日、東京都の稲城市総合体育館でVC長野トライデンツと対戦する。第3セット落とし失速 苦手意識が災いしたか―。11連勝中だった大分三好が富士通に開幕戦に続いて黒星を喫した。

 1―1で迎えた第3セットが勝負どころだった。相手サーブに苦しんでいた大分三好は中盤以降、藤田裕城のブロックやグマの強打で最大5点差をひ...    
<記事全文を読む>