バレーボール女子のチャレンジリーグ1は22日、さいたま市記念総合体育館などで4試合を行い、JAぎふリオレーナは3-2でKUROBEアクアフェアリーズ(富山)に競り勝った。通算戦績は7勝8敗、勝ち点を18に伸ばし、順位は4位のまま。

 JAぎふは、第1セットを25-21で先取したが、以降はセットの奪い合いになり2-2。最終セットは、序盤から活躍の吉井奎乃の連続得点などで15-11で制した。吉井は両チーム最多の28得点をマークした。

 次戦は2月11日、瑞浪市民体育館で7位の大野石油広島オイラーズと対戦する。

...    
<記事全文を読む>