バレーボールのプレミアリーグ女子は21日、愛知県刈谷市のウィングアリーナ刈谷などで4試合を行い、岡山シーガルズに内定している渡辺真恵(さなえ)(盛岡誠桜高3年、盛岡・厨川中)が日立戦で同リーグ初出場を果たした。

 サウスポーの渡辺は第1セット途中からライトで出場。第2、第3セットはスタートからコートに立った。デビュー戦ながら、アタックでチーム2位の9点、ブロックでも2点を奪う活躍を見せた。試合は0-3で日立に敗れた。

 プレミアリーグでは、その年の春に卒業予定の内定選手が出場できる規定がある。同リーグでは現在、盛岡女子高(現盛岡誠桜高)出身の高橋沙織と細川絢加(あやか)がトヨタ車体でプレー...    
<記事全文を読む>