バレーボールのV・チャレンジリーグI女子のKUROBEアクアフェアリーズ(3位)は21日、さいたま市記念総合体育館で仙台ベルフィーユ(6位)に0-3でストレート負けした。通算成績は7勝7敗で順位は変わらない。

 アクアは第1セット、序盤からスパイクを連続で決められ18-25で落とした。第2セットではレラのトスワークで相手を翻弄するものの、強烈なバックアタックを決められるなどして引き離された。第3セットは柏木の連続得点でスタートを切ったが、相手の勢いを止められなかった。

 米山弘監督は「単調な攻撃になり、ミスも多かった。もう一度、自分たちがやらなければならないことを考えて戦っていきたい」との...    
<記事全文を読む>