バレーボールV・プレミアリーグ女子岡山大会(28、29日・ジップアリーナ岡山)を前に、岡山シーガルズの選手らが20日、JR岡山駅東口でPRちらしを配り、観戦を呼び掛けた。

 リベロ東万純やスタッフ、28日に市民デーを企画する岡山市の職員ら約10人が参加。駅利用者に「今季最後のホームゲームです」「応援お願いします」と声を掛け、日程などが載ったちらし約千枚を手渡した。マスコットキャラクターのウィンディーも子どもたちと写真撮影するなどしてアピールした。

 レギュラーラウンドは残り4試合。7位のシーガルズはプレーオフ(PO)進出がかなり厳しい状況だが。東は「みんなPOを諦めていない。一人一人がやる...    
<記事全文を読む>