バレーボールのV・チャレンジリーグI女子のKUROBEアクアフェアリーズ(3位)は15日、千葉県の柏市中央体育館でフォレストリーヴズ熊本に3-1で勝利した。通算成績は7勝6敗で、順位は変わらない。

 アクアは第1セット、熊本の攻撃をブロックに当てて懸命につなぎ、太田や平谷の両サイドの活躍で先取。第2セットも出だしからリードを奪い、柏木や丸山の活躍で押し切った。第3セットは奪われたものの、続く第4セットは粘る熊本を振り切った。

 米山弘監督は「前日の敗戦を引きずらないで選手が戦ってくれた」と話した。

...    
<記事全文を読む>