バレーボールのプレミアリーグは14日、兵庫県姫路市のウインク体育館などで行われ、女子のJT(練習拠点・同県西宮市)は3-1で岡山シーガルズを破って2連勝を飾り、勝ち点27で4位をキープした。

 JTは年明けの初戦をフルセットの末に落としたが、その後2連勝でプレーオフ進出へ前進した。この日も全員攻撃で2セットを連取するなど前半で主導権を握り、吉原監督は「試合のスタートを落ち着いてやろうと言ってきたが、冷静に入れるようになってきた」と手応えを口にした。

...    
<記事全文を読む>