バレーボールVリーグ男子・チャレンジリーグ1のVC長野トライデンツ(長野県上伊那郡南箕輪村)にとって、初のご当地開催となった14日のホームゲーム。昨季のVリーグ参入以降ではホーム戦最多の約1200人もの観客が伊那市民体育館に詰めかけた。熱気に包まれた会場で、選手とサポーターが勝利を喜び合った。

 「うれしい、以外にない。応援も会場全体で一つになっていた」。昨季からVC長野の応援団長を務めるタレント北沢ユウジさん(駒ケ根市)は地元での勝利に大興奮。試合中は団員とともに太鼓を鳴らし「ゴーゴー、トライデンツ」と連呼し、「選手たちは勝つと言ってくれていた。有言実行ですね」と喜んだ。

 峯村幸太選手...    
<記事全文を読む>