バレーボールV・プレミアリーグ女子は14日、姫路市のウインク体育館などで4試合があり、7位岡山シーガルズは4位JTに1―3で敗れて7連敗を喫した。4勝12敗の勝ち点12で順位は変わらない。

 6位東レは久光製薬をフルセットで下し、シーガルズとの勝ち点差を7に広げた。トヨタ車体を破り8連勝のNECは首位をキープ。日立はPFUに3―2で勝ち、2位に浮上した。JT3―1岡山シーガルズ25―2025―2223―2525―19JT 9勝7敗(27)岡山シーガルズ 4勝12敗(12) 【評】岡山シーガルズは第1、2セットとも金田の強打などで終盤まで競ったが及ばず。第3セットは途中から入ったセッター宇...    
<記事全文を読む>