バレーボールVリーグ男子のチャレンジリーグ1(2部相当)は14日、伊那市民体育館などで4試合を行った。3位(勝ち点20)のVC長野トライデンツは2位(勝ち点22)の富士通カワサキレッドスピリッツと対戦し、3―1で勝った。VC長野は4連勝で通算7勝3敗。勝ち点を23に伸ばし、2位に浮上した。観客数は1200人。

 VC長野は第1セット、途中投入のピンチサーバー池田のサーブを軸に逆転し、25―23で先取。第2セットは峯村や小林哲のサイド攻撃が決まり、25―18で連取した。第3セットは失ったものの、第4セットは終始リードして25―15で奪った。

 VC長野は15日、同体育館で7位の埼玉アザレアと...    
<記事全文を読む>