バレーボールのV・チャレンジリーグI女子のKUROBEアクアフェアリーズ(3位)は14日、千葉県の柏市中央体育館で柏エンゼルクロスに0-3でストレート負けした。通算成績は6勝6敗で、順位は変わらない。

 アクアは第1セット、太田や平谷のスパイクを中心に得点したものの、素早い連係プレーで攻撃を繰り出す相手を抑え切れず、20-25で落とした。その後も相手のサイドからの攻撃と巧みなトスワークに翻弄(ほんろう)され、第2、3セットを失った。

 米山弘監督は「スタートから受け身で戦ってしまった。自分たちのバレーができるように、しっかりと切り替えて準備していく」とのコメントを出した。次戦は15日、同体...    
<記事全文を読む>