バレーボール元全日本代表の山本隆弘さん(38)を招いた教室が9日、福井県大野市エキサイト広場で開かれた。市内の上庄中、陽明中の男子部員と大野高女子部員の計17人が参加し、世界の舞台で活躍したアタッカーから、パスやレシーブなどの基礎や心構えをみっちりと学んだ。

 ジュニア層育成を目指し、市教育委員会と市体育協会が主催。競技を変えて、トップアスリートや指導者を迎えてほぼ毎年開いている。

 山本さんは現役時代は、パナソニックに所属し、サウスポーのアタッカーとして活躍。2008年北京五輪の本大会にチームを導いた。現在は試合の解説や普及活動を行っている。

 アンダー、オーバーのパス練習では手の出し方や...    
<記事全文を読む>