昨年末の全日本大学女子バレーボール選手権で、3年ぶり3度目の頂点に輝いた鹿屋体大。優勝メンバーで、共に延岡学園高出の山形理沙子(3年、門川町出身)と興梠里欧(1年、宮崎市出身)が、新たなシーズンに向けて抱負を語った。

...    
<記事全文を読む>