バレーボール女子プレミアリーグNECレッドロケッツへの入団が内定している東海大4年の山内美咲(21)=兼城中-西原高出=が30日、来年1月の春高バレーに出場する母校を訪ね、激励を兼ねて練習に参加した。プレミアリーグでもトップ級のパワーを持つと期待される山内は「東京五輪を目指して、皆さんが応援したくなる選手になれるよう頑張りたい」と新たなステージでの活躍を誓った。(新垣亮) 中学1年でバレーを本格的に始めた山内は身長172センチのウイングスパイカー。最高到達地点は305センチで身体能力の高さと「積極的に動き、パワーで押し切る」という力強さが持ち味だ。

 西原高卒業後、東海大へ。「環境にすご...    
<記事全文を読む>