空手道の国際大会「プレミアリーグ&パリオープン」は27~29日、フランスのパリで行われ、県勢の大野ひかる(大分市消防局)が女子個人形で頂点に立った。

 準決勝で岡本沙織(日本空手松濤連盟)を5―0で下した大野は地元フランス選手との決勝へ。迎えた大舞台でも堂々と磨き上げた「パープーレン」で挑み、5―0の完勝で頂点に立った。

 =女   子=  【個人】▽形 (1)大野ひかる(大分市消防局)

...    
<記事全文を読む>