スキーの第54回全国中学校大会は2日に山形県の新庄市民文化会館で開会式が行われ、翌3日から3日間、県内3市町を舞台に熱戦を繰り広げる。県勢は男女共通ジャンプ、複合の2種目で上位入賞を狙う小林龍尚(八幡平・松尾3年)を筆頭に、前回実績(入賞4)の上積みに挑む。

 小林は前回7位の複合で表彰台を目指す。今月の国体選手選考会では高校生相手に2位と健闘。後半距離は安定しており、今季もう一つ調子の上がらない前半飛躍で本来の力を取り戻せるか。首位で折り返せば、2012年に2冠を果たした次兄陵侑(松尾、現土屋ホーム)との兄弟優勝も視界に入る。ジャンプも前回の23位から大幅に順位を上げそう。北海道勢との...    
<記事全文を読む>