【東京=本紙取材班】ラグビーの日本一を決める第54回日本選手権は29日、東京・秩父宮ラグビー場で決勝が行われ、群馬県太田市に活動拠点を置くパナソニックワイルドナイツは10―15で今季のトップリーグ(TL)王者のサントリーに敗れ、2連覇を逃した。サントリーは4季ぶり7度目の優勝を果たし、TLとの2冠を達成した。

 ▽決勝サントリー 15(3―3)10 パナソニック       (12―7) ペナルティーゴール(PG)で先制を許したパナソニックは前半20分に現役大学生SO山沢拓也がPGを決めて同点とし、6点をリードされた後半16分にはロックのヒーナンダニエルがトライを奪い、山沢のコンバージョ...    
<記事全文を読む>