5月にドイツで開幕する卓球の世界選手権個人戦の日本代表に、13歳の張本智和(エリートアカデミー、仙台市出身)が男女を通じ史上最年少で選ばれた。昨年12月の世界ジュニア選手権を史上最年少で制した将来のエース候補。「自分が一番弱いと思うが、1試合でも多く戦えるよう頑張りたい」と誓った。

 22日夜、代表入りを知ると「まさか。1年前までは夢にも思わなかった舞台。自分が本当に生きているのかと思ってしまった」。

 電話で報告した父の宇コーチには「浮かれないで頑張れ」と励まされた。「正直、もっと褒めてくれると思った」。中学1年生は照れ笑いしながら喜びをかみしめる。

 2020年の東京五輪で金メダルを取る...    
<記事全文を読む>