第72回国民体育大会冬季大会「ながの銀嶺国体」スケート、アイスホッケー競技会第3日は29日、長野市エムウエーブなどで行い、スピード少年男子1万メートルの遠藤二千翔(にちか)(中津商高)が初優勝を飾った。スケート国体の少年男子での優勝は県勢史上初。

 ハイペースかつ、転倒者が続出する荒れた展開となった決勝レース。遠藤は残り2周で先頭責任を果たすと、2位になった選手との最後の一騎打ちを制し、13分22秒92で頂点に立った。

...    
<記事全文を読む>