ソフトテニスの全日本インドア選手権は29日、大阪市中央体育館であり、男子は増田健人(和歌山県庁)、柴田章平(同志社クラブ)組が初優勝を飾った。兵庫の宮下裕司、花田周弥組(姫路アニマルズ)は準決勝で増田、柴田組に3-5で敗れ、決勝進出を逃した。

 女子は高橋乃綾、半谷美咲組(どんぐり北広島)が決勝で柿崎あやの、黒木瑠璃華組(ヨネックス)に競り勝ち、初の頂点に立った。兵庫勢は若田実友子、泉谷朋香組(東芝姫路)が準決勝で敗れた。深沢昭恵、森原可奈組(東芝姫路)と志牟田智美、地中葵組(神戸松蔭女大)は予選リーグで敗退した。

...    
<記事全文を読む>