スケート国体第3日は29日、長野市エムウエーブなどで行われ、スピード少年の500メートル女子は熊谷萌(岩手・盛岡工高)が優勝した。男子は、全国高校選手権覇者の石川斗来(北海道・白樺学園高)が勝ち、森重航(山形・山形中央高)が2位に入った。◎逆転でインターハイの雪辱 最後の直線に入った時点で、トップを滑走していた稲川(北海道・帯広三条高)がまだ先行していた。だが、レース前から「後半勝負」と心に刻んでいた熊谷が、ゴール前で稲川に並んだ瞬間、「頭を前に突き出した」。

 結果は、100分の2秒差で1位。昨年、全国中学大会500メートルを制したばかりの1年生は、直前のインターハイで敗れた稲川に逆転...    
<記事全文を読む>