国民体育大会冬季大会スケート・アイスホッケー競技会第3日は29日、長野県の長野市ビッグハットなどで各競技を行った。2人の順位の合計で争うフィギュアスケートの成年女子はショートプログラム(SP)を行い、2年連続入賞を目指す本県は9位でスタートした。

 今井遥(県連盟)が55・19点の6位でフリーに進出。6年ぶりに現役復帰した益田万里香(新潟ク)は17・49点で最下位の32位となり、フリーには進めなかった。トップは大庭雅(愛知・中京大)。本郷理華(愛知・邦和スポーツランド)が2位につけた。30日にフリーを行う。

 成年男子フリーはSP4位の佐上凌(東京・明大)がトップの125・91点をマークし...    
<記事全文を読む>