アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは29日、日光霧降アイスアリーナで8位のデミョン(韓国)と対戦、10-5と今季最多得点で勝利し同カード3連勝を飾った。通算成績を19勝21敗の勝ち点54とした。順位は6位と変わらない。

 バックスは第1ピリオドから猛攻。数的不利な時間帯をしのぐと、同5分33秒に先制。その4分後にはパワープレーから追加点を挙げるなど、第2ピリオドまでに最大で7点差をつけた。

 しかし、第3ピリオド序盤で2点差まで詰め寄られた。だが、そこからパスや守備の連係などを修正。同7分11秒にルーキーFW大椋舞人(おおむくまいと)のアジアリーグ初得点で再び勢いを取り...    
<記事全文を読む>