第72回国体冬季大会「ながの銀嶺国体」スケート、アイスホッケー競技会第2日は28日、長野県内で熱戦を繰り広げた。

 青森県関係では、大澤陽(三沢高)と廣谷帆香(工大一高)で臨んだ少年女子が都道府県対抗で6位に入賞。2年ぶりに来年の国体出場権(シード権)を獲得した。アイスホッケーは成年男子が2回戦で愛知をGWSの末に下して8強入り。少年男子は1回戦で茨城に大勝した。

 スピードスケートは少年男子1万メートルの山本大史(八戸西高)と村崎翔太(八学光星高)、成年女子1500メートルの澤尻磨里英(八戸学院大)、少年男子同の毛利信太郎(八戸西高)が決勝進出を決めた。

 第3日の29日も県内で競技が行わ...    
<記事全文を読む>