バドミントンS/Jリーグ山口大会は28日、山口市維新公園の県スポーツ文化センターで男女1試合があった。西京銀行の女性行員らで構成するACT SAIKYOは岐阜トリッキーパンダースに2―1で勝ち、通算成績を2勝3敗とした。

 同リーグは今季、名称を日本リーグから改称し山口県内での開催は初めて。ダブルス2試合、シングルス1試合で勝敗を競う。

 ACT SAIKYOは第1ダブルスの米元陽花・今井優歩組が第1ゲームを落とすも第2、3ゲームを連取し逆転勝ち。シングルスの斎藤栞は2―0でストレート勝ちし、チームの勝利を決めた。第2ダブルスの今野あゆみ・重田美空組はフルセットの末に敗れた。

 男子のトナミ...    
<記事全文を読む>