ラグビーのトップリーグ(TL)入れ替え戦は28日、福岡市のレベルファイブスタジアムなどで3試合が行われ、いずれもTL勢が勝って残留を決めた。九州勢ではコカ・コーラ(TL14位)がトップチャレンジ1(TC1)3位の日野自動車に32-22で勝利。TC1で4位の九州電力は近鉄(TL13位)に0-47で敗れて2013~14年シーズン以来4季ぶりのTL復帰はならなかった。豊田自動織機(TL15位)は33-21で三菱重工相模原(TC1の2位)を下した。この日敗れた3チームは、各地域リーグの上位を集めて来季創設される「トップチャレンジリーグ」に参加する。■「もっと組織力を」 手放しでは喜べなくても、...    
<記事全文を読む>