アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは28日、日光霧降アイスアリーナで8位のデミョン(韓国)と対戦、2-0で下し、2連勝した。通算成績18勝21敗の勝ち点51とし、順位は6位のまま。

 バックスは攻勢に試合を進め、第1ピリオドに11本、第2ピリオドには17本のシュートを放ったが、無得点。逆襲から窮地を招く場面もあり、GK福藤豊(ふくふじゆたか)の好守で切り抜けた。

 第3ピリオドも好機を決めきれずにいたが、3分26秒にゴール前の混戦からDF佐藤大翔(さとうひろと)が先制点。3分後にはFW彦坂優(ひこさかゆう)が追加点を挙げ、粘る相手を振り切った。完封勝利は昨年10月22日...    
<記事全文を読む>