大相撲の第七十二代横綱に昇進した稀勢の里(30)=(本名萩原寛(ゆたか)、茨城県出身)の報告会が二十八日、所属する田子ノ浦部屋がある東京都江戸川区東小岩の小岩小学校であった。地元の小学生や大相撲ファン約四千五百人が詰め掛け、初場所での初優勝と横綱昇進を祝った。

 会場の校庭に姿を見せた稀勢の里に、参加者たちは大きな拍手を送り「横綱」「おめでとう」などと声を掛けた。稀勢の里は「地元の皆さんが温かい声援を送ってくれた。一生懸命稽古して、横綱の名を汚さないように精進する」と語った。

 子どもたちから「お米をどれくらい食べるのか」と質問されると、「十代、二十代前半は一升食べたが、最近は体調管理のた...    
<記事全文を読む>