【小山・栃木】小山市出身でリオデジャネイロ五輪柔道男子66キロ級銅メダリストの海老沼匡(えびぬままさし)選手(26)=パーク24=が27日、卒園した生井ゆりかご幼稚園や母校の下生井小を訪れ、園児児童から祝福を受けた。栃木税務署では、e-Tax推進大使に任命された。

 生井ゆりかご幼稚園では、園児たちが太鼓演舞と踊りで海老沼選手を出迎えた。祝福の言葉や花束が贈られ、海老沼選手は「夢や希望は大きなエネルギーになる。皆さんと一緒にこれからもまだまだ頑張っていきたい」とあいさつ。園児たちと一緒に、生井地区のブランド米「生井っ子」を使った給食を楽しんだ。

 下生井小では、同校と近隣の網戸(あじと)小...    
<記事全文を読む>