ながの銀嶺国体は27日・長野市ビッグハットほかで開幕し、アイスホッケーは成年の1回戦を行い、北海道は香川を5―3の逆転勝ちで下し、2回戦へ進んだ。フィギュアのショートプログラム(SP)には、道内勢4人が出場し、少年女子の土橋亜海(北海高)が13位、三善友奈(札新川中)が21位。同男子の長谷川一輝(札真駒内中)が8位、緑川諒人(芽室高)が17位で、4人とも28日のフリーへ進んだ。

...    
<記事全文を読む>