【長野県で運動部・千葉恵】第72回国民体育大会冬季大会スケート、アイスホッケー競技会「ながの銀嶺国体」は27日開幕し、長野県の軽井沢町風越アリーナなどで両競技がスタートした。本県はアイスホッケー成年の1回戦で宮崎を15-0と圧倒し、2年ぶりに初戦を突破した。

 フィギュアのショートプログラム(SP)少年女子は昨年12月のジュニアグランプリ(GP)ファイナル3位の坂本花織(兵庫・神戸野田高)が66・55点でトップに立った。全日本選手権3位の三原舞依(兵庫・芦屋高)が65・00で2位。同男子は全国高校選手権覇者の友野一希(大阪・浪速高)が67・24点で首位となった。【写真=成年1回戦 岩手-...    
<記事全文を読む>