第72回国体冬季大会「ながの銀嶺国体」のスケート、アイスホッケー競技会が27日、開幕した。初日はフィギュアスケートとアイスホッケーを実施。青森県関係では、フィギュアスケート少年女子ショートプログラムで大澤陽(三沢高)と廣谷帆香(工大一高)がともに上位24人に入り、翌日のフリーに進んだ。

 大澤は一度の転倒がありながらも、47・45点で15位。廣谷もミスなく演技をまとめ、46・59点で16位につけた。

 第2日の28日はスピード、フィギュア、アイスホッケーを実施。フィギュアは大澤、廣谷がフリーで、上位8県に与えられるシード権の確保に挑む。アイスホッケーは少年男子が1回戦で茨城と、成年男子は2...    
<記事全文を読む>