第72回国民体育大会冬季大会「ながの銀嶺国体」のスケート・アイスホッケー競技会が27日、長野県で開幕した。岡谷市のやまびこスケートの森アイスアリーナなどで競技が始まり、アイスホッケー成年男子1回戦に登場した本県は4―1で佐賀に快勝した。本県は第2日の28日に茨城と対戦する。

 長野市芸術館で行われた開始式では、秋山光希(スピードスケート、郡山商高1年)が県旗を掲げ入場した。

 冬季国体は31日まで5日間にわたり行われ、スケートのスピード、ショートトラック、フィギュアと、アイスホッケーで熱戦が繰り広げられる。

 第2日はアイスホッケーのほか、スピードスケートの成年男子500メートル予選に古川耀...    
<記事全文を読む>