第72回国体冬季大会「ながの銀嶺国体」は27日、長野市芸術館でスケート・アイスホッケー競技会の開始式が開かれ、開幕した。「氷雪にかがやけ君の技ちから」のスローガンの下、長野市や岡谷市、北佐久郡軽井沢町の4会場で31日まで44都道府県の選手ら1375人が競い合う。

 県内での国体冬季大会の開催は9年ぶり。歓迎アトラクションでは、下諏訪町木遣(きやり)保存会(諏訪郡下諏訪町)や岡谷太鼓保存会(岡谷市)、追分節保存会(軽井沢町)、長野商業高校(長野市)チアリーディング部がステージから式典を盛り上げた。

 スピードスケート成年男子の中村健斗選手(日本電産サンキョー)が44番目に県選手団旗手として行...    
<記事全文を読む>