大相撲の石橋改め朝乃山(あさのやま)関(22)=富山市出身、高砂部屋=は新十両昇進が決まってから一夜明けた26日、古里・富山で家族や地元住民の祝福を受けた。改めて関取になった喜びをかみ締め、3月の春場所に向け「もっと上を目指して頑張りたい」と意気込みを新たにした。

 朝乃山関は25日、東京都墨田区の高砂部屋で十両昇進を受けた会見を行った後、北陸新幹線で、関取になってから初めて帰省。夜には富山商高と近畿大時代の後輩と食事し、リラックスした時間を過ごした。

 26日は近くの銭湯で疲れを癒やし、富山市呉羽町の実家で地元住民の祝福を受けた。父の靖さん(59)ら家族からも改めて「おめでとう」と伝えら...    
<記事全文を読む>