大相撲の第72代横綱に昇進した稀勢の里(30)=田子ノ浦部屋、牛久市出身=が土俵入りで締める横綱を作る「綱打ち」と、横綱土俵入りの稽古が26日、東京・同部屋で行われた。二所ノ関一門の関取衆ら約30人が紅白のねじり鉢巻き姿で、「ひい、ふの、み」の掛け声で3本の綱をより合わせ、約1時間で長さ4メートル10センチ、重さ6.4キロの純白の綱を完成させた。稀勢の里は髪を大いちょうに結い、元横綱初代若乃花が使用した鬼が描かれた化粧まわしを着けた。雲竜型の土俵入りは、一門の先輩である芝田山親方(元横綱大乃国)から「余裕を持ってゆっくりと」などと指導を受けた。27日に東京・明治神宮で横綱推挙状授与式に臨...    
<記事全文を読む>