熊本国税局は24日、熊本地震で被災した人の所得税などの減免を想定した確定申告の模擬体験会を熊本市で開いた。再春館製薬所バドミントンチームの選手4人が、インターネットを使った申告をPRした。

 体験会はルネサスセミコンダクタのスポーツプラザ(同市南区)であり、前田美順、山口茜、福島由紀、廣田彩花の4選手が参加した。

 地震で住宅などに損失が発生し、保険金で一部を補塡[ほてん]している給与所得者が雑損控除を受けるとの設定。4人は国税庁のホームページを使って必要事項を入力。15分ほどで申告書を作成した。前田選手らは「画面が分かりやすく、とても簡単にできた」と話した。

 2016年分の所得税の確定申...    
<記事全文を読む>