県中体連(会長・松井端巧下小路校長)は24日、第37回全国中学校スケート大会(来月4~7日、長野市)の本県選手団を発表した。千葉康彦滝沢二校長を団長に、選手10人を含む総勢19人(団長は監督を兼ねる)で全国の精鋭に挑む。

 選手の内訳はスピードが男子5人、女子4人、フィギュアは女子1人。大会は「長野に舞う大輪の華熱き闘志を氷上に刻め」をスローガンに、4日に長野市のエムウエーブで開会式を実施。スピードは4~7日にエムウエーブ、フィギュアは5~7日に同市のビッグハットで行われる。

...    
<記事全文を読む>