若者を中心に人気が高まる自転車のオフロードレース「シクロクロス」の世界選手権(現地時間28、29日、ルクセンブルク)の女子エリート部門に、29歳の今井美穂(前橋新田小教)が初出場する。競技歴5年目にして最高峰の舞台にたどり着いた。国際レースも未経験という新鋭は「“世界”を知りたい。そして次につながるレースにする」と飛躍を誓う。

 いまい・みほ 1987年5月生まれ。富岡西中―富岡東高―東女体大。大学4年時に陸上の関東学生対校選手権の七種競技で8位入賞。今季のシクロクロス全日本選手権4位。競技は「趣味」で練習は週末が中心。全国各地に出掛け、1日で100キロ走ることもある。

 《シクロクロス》...    
<記事全文を読む>