長野市や岡谷市、北佐久郡軽井沢町の計4会場で27〜31日に行われる第72回国体冬季大会のスケート、アイスホッケー競技会。スケート競技で長野県は昨年、男女総合と女子総合のダブル優勝を11年ぶりに達成しており、今回は初の連続ダブル優勝を地元で狙う。9年ぶりに迎える地元国体だけに、県選手団の山岸文典総監督(68)=県スケート連盟理事長=は「両方とも優勝するしかない」と意気込む。

 地元開催の国体での躍進を目指し、県は強化費として2015年度に2000万円、16年度に2100万円を計上。県スケート連盟は年6回だった強化選手合宿を年8回に増やすなど、スケート、アイスホッケー、スキーの3競技団体がそ...    
<記事全文を読む>