常陸宮賜杯第六十七回中部日本スキー大会(北陸中日新聞など主催)は競技初日の二十三日、岐阜県郡上市のダイナランド(アルペン)と、デイリー郡上・牧歌の里クロスカントリーコースで、距離クラシカルと大回転があった。県勢は、両競技合わせて七人が優勝し、幸先よいスタートを切った。(伊勢村優樹) 距離クラシカル成年男子E(五十五歳以上)で木田実選手(55)=YKK=が四連覇。同少年男子(十九歳未満)で広瀬峻選手(16)=雄山高校=が初優勝を飾った。同成年女子C(三十歳以上)は藤田由貴選手(30)=庄西中学校教諭、同A(十九歳以上)で浅地李佳選手(19)=今井機業場=も優勝した。

 大回転では、成年女子...    
<記事全文を読む>