ハンドボール女子の日本リーグ第14週第2日は22日、OKBぎふ清流アリーナで1試合を行い、飛騨高山ブラックブルズ岐阜は、広島メイプルレッズに13―18で敗れた。通算成績は1勝11敗の勝ち点2で、順位は最下位のまま。

 飛騨高山は前半、相手の高さに苦しみ、遅攻で得点が奪えない時間が続いた。6点ビハインドで迎えた後半は、速攻に活路を見いだし、この日チーム最多の4得点を決めた宮崎亜紀穂や、和田育子が積極的にシュートを放つなどじりじりと追い上げたが、最後まで前半でのビハインドが響き、2連敗を喫した。

 次戦は第15週第2日の29日、富山県射水市のアルビス小杉総合体育センターで、現在無敗でトップをひ...    
<記事全文を読む>