幕下勢は、東14枚目の白鷹山(高田川部屋)が7番相撲で勝ち越した。「3勝1敗から2連敗した。6番勝ちたかった」と言いつつも「ほっとした」と笑顔。「まだ直すところがたくさんある」と向上心旺盛だった。

 元幕内で東23枚目の大岩戸(八角部屋)は2勝止まり。3場所ぶりに負け越したが「どういう状況でも一生懸命やるだけ」と前を向いた。佐渡ケ嶽親方(元関脇琴ノ若・尾花沢市出身)を父に持つ東50枚目の琴鎌谷(佐渡ケ嶽部屋)は3勝4敗。2場所連続負け越しに「力不足。鍛え直すしかない」と悔しさをかみしめた。

 三段目では、東4枚目の琴福寿野(佐渡ケ嶽部屋)が4勝3敗で来場所の幕下復帰を確実にし「次が大事です...    
<記事全文を読む>