ラグビーの全国クラブ大会第3日は22日、京都市の宝が池球技場などで2回戦4試合があり、兵庫の六甲ファイティングブル(FB、近畿)は55-40で調布三鷹オールカマーズ(首都圏)に逆転勝ちし、準決勝に進出した。

 六甲FBは拮抗(きっこう)した序盤にFWが踏ん張ると、バックスを起点に展開ラグビーでトライを量産。SH谷主将は「ボールを回せば取れると思っていた。やりたいことが明確にできた」と、難敵を下しての初戦突破を喜んだ。

...    
<記事全文を読む>