大相撲初場所(両国国技館)千秋楽の22日、十両の小柳(新潟市北区出身)は取り直しの末に竜電に押し出され、8勝7敗に終わった。

 幕内では、14日目に初優勝を決めた大関稀勢の里が、結びの一番で横綱白鵬をすくい投げで破って14勝1敗とし、初の天皇賜杯を手にした。場所後の横綱昇進は確実となった。横綱として初めて4場所連続で優勝を逃した白鵬は11勝4敗だった。

 大関琴奨菊は5勝10敗に終わり、来場所は関脇に転落。4勝11敗の大関照ノ富士は来場所で4度目のかど番となる。新関脇玉鷲は敗れて9勝6敗。小結高安は勝ち越しの懸かった平幕遠藤をはたき込み、11勝目を挙げた。

 14日目に白鵬から金星を挙げた貴...    
<記事全文を読む>