アイスホッケーの全国中学大会は22日、盛岡みちのくコカ・コーラボトリングリンクで行われ、最終日は決勝で苫和光が八戸二(青森)を4―3で下し、4年ぶり5度目の優勝を果たした。道内勢の優勝は6年連続。

 苫和光は2―2で迎えた第3ピリオド8分すぎ、DF村上がゴールを決めて勝ち越しに成功。同13分すぎにも村上がネットを揺らし、4―2と突き放した。試合終了間際に1点を奪われたが、逃げ切った。

 3位決定戦は、苫小牧B(苫東、苫凌雲、苫緑陵)が1―0で釧鳥取に勝った。

...    
<記事全文を読む>