テニス日本リーグの第2ステージ最終日は22日、兵庫県三木市ブルボンビーンズドームなどであり、男子レッドブロックのノアインドアステージ(姫路市)は、3-0でエキスパートパワーシズオカに完勝。第1ステージから7戦無敗とし、同ブロックを首位で通過した。女子レッドブロックではノアインドアステージ(姫路市)が3-0で三菱東京UFJ銀行を破り、2位で決勝トーナメントに進んだ。

 決勝トーナメントは2月10日に東京体育館で開幕。ノアインドアステージ男子はブルーブロック4位のトップラン(加古川市)と準々決勝で対戦し、同女子はブルーブロック3位・明治安田生命との初戦に臨む。

...    
<記事全文を読む>