第37回全国中学校アイスホッケー大会決勝は22日、盛岡市のみちのくコカ・コーラボトリングリンクで行われ、八戸二は3―4で北海道の苫小牧和光に競り負けた。青森県勢として初の優勝こそ逃したが、道勢と互角の戦いを繰り広げ、“氷都・八戸”の底力を示した。

...    
<記事全文を読む>