全日本選手権最終日は22日、東京体育館で行われ、女子シングルスは16歳9カ月で高校1年の平野美宇(エリートアカデミー)が、決勝で3連覇中の石川佳純(全農)を4-2で破り、史上最年少で優勝した。従来の記録は女子で高校2年だった佐藤利香の17歳1カ月。男子の水谷隼(ビーコン・ラボ)も高校2年で初制覇している。平野は選手権覇者として、5月に開幕する世界選手権個人戦(ドイツ)の代表入りも決まった。

 男子シングルス決勝は水谷が吉村和弘(愛知工大)を4-1で下して4連覇を達成、単独史上最多9度目の日本一に輝いた。決勝で平野は両ハンドの強打で攻め立て、石川の反撃を振り切った。水谷は吉村に第1ゲームを...    
<記事全文を読む>