■佐賀国体へ向け選手強化 リオ五輪で7人制ラグビー日本代表のヘッドコーチを務めた瀬川智広氏(46)を招いた競技力向上講習会が21日、佐賀市の佐賀工高グラウンドで開かれた。高校生を中心に県内の小学生から社会人までの国体候補指定選手や指導者ら約100人が参加し、プレーの理論や技術を学んだ。

 6年後の佐賀国体へ向けた強化策の一環で県ラグビー協会が開いた。瀬川氏はトップリーグ東芝の前身である東芝府中でプレーし、東芝監督としてトップリーグで2度優勝。監督退任後、7人制の日本代表ヘッドコーチとして日本のリオ五輪4位に貢献した。

 今年6年ぶりに東芝監督に復帰した瀬川氏は、選手間のスペースが広い7人制...    
<記事全文を読む>